歯 ヤニが気になってくると笑うときに躊躇してしまいますよね。。

hahahanoha_012

芸能人は歯が命というCMがありました。人に見られる仕事において歯が綺麗に見えることや清潔に見えることは大きなメリットとしてとらえられた極めて明確な主張がそのフレーズにありました。現在では一般にもホワイトニングは広がっており、設備のあるところでは人気の美容処置となっています。ホワイトニングの効果は、歯を白くすることが挙げられますが、他にも歯周病を改善、治療したり、歯質を向上させたりする効果も報告されており、ひと昔前よりも健康に対するアプローチとしてホワイトニングが取り上げられることも多くなってきました。
しかし、効果を伴っているにもかかわらず、いまだにホワイトニングを否定する意見もないとはいえません。その一番のやり玉に挙げられるのが歯磨き粉の成分です。歯を白くしたいと歯科医院を受診するも現在でも止められるケースがあるのは、実際成分のなかには有害なものも含まれているからであり、全く間違いであるとはいえません。
ただし、有害なものといういい方は、少しニュアンスが違います。確かに歯磨き粉のなかには過酸化水素が含まれています。これは歯を溶かすことも解っています。しかし、過酸化水素はもともと消毒に使うものであり、歯を溶かしても歯の再石灰化によってリカバリーすることは可能な程度のダメージです。また、過酸化水素は歯茎へのダメージもあると言われていますが、もともと歯肉炎など口内のトラブルに薬品として用いられることもありますので、そのダメージは限定的であると言えます。
そもそも、日本においては薬事法が厳密に取り扱いを定めており、ひどくダメージを蓄積する薬品への認可が下りることは極めて考えにくく、美容大国アメリカで認証されていることや、利用するのがグローバルスタンダードであるにもかかわらず、国内基準に適合しないがために認可されない薬品は山のようにあります。その基準に照らして医療行為に利用できると定めていることが一番の答えであると言えます。

 

歯のヤニを落とす歯磨き粉って本当に効果ある?【喫煙女子必見!】